肉食mcyの食いしん坊日記

日々のごはんを中心に気がむいたら書いていきます。

中目黒寿司・つきうだ

こないだの3連休、久しぶりのとっても贅沢時間、美味しいお寿司やさんへ。

中目黒から徒歩10分ほど、オープンして1年の「つきうだ」さん。

月生田さんというご主人が握ってくれます。お昼と夜2回転の3部制。

 

夜に伺いました。おまかせ1種のみ。まずは何はともあれ、ビール

f:id:mcy22:20170921211856j:plain

店内綺麗です。

ご主人のつきうださん

f:id:mcy22:20170921211844j:plain

なんとか貝と、かぶ

f:id:mcy22:20170921212322j:plain

貝はサザエのような、でもお寿司屋さんで食べる柔らかい煮蛸のような、そんな中間。手間暇かけてるのがわかります

 

ひらめ、手前はえんがわ。酸味が強すぎない梅のソースでいただきます。

f:id:mcy22:20170921211940j:plain

ガリとともにわかめも。

続いてあわび、柔らかく、上品。

f:id:mcy22:20170921212004j:plain

下は肝のソース、これが美味しくて勿体ないなあと思っていたら

f:id:mcy22:20170921212010j:plain

ごはん乗せてくれます。それでもソースが余るので、わかめをつけて食べると美味しい。

たまらず、日本酒

f:id:mcy22:20170921212009j:plain

続いて瀬戸内のしゃこ

f:id:mcy22:20170921213932j:plain

ふぉぉ・・しゃこなのに、しゃこじゃない感じ。どういう下処理をしてるんだろう?仕事が丁寧、旨味じゅわーです

かつお、もちもち

f:id:mcy22:20170921213955j:plain

白子キャビアのせ、にお出汁。

f:id:mcy22:20170921214005j:plain

美味しいです、超高級お粥、お正月に食べたい感じ

続いて握り。シャリ小さめでありがたい。これは鯛だったかな・・

f:id:mcy22:20170921214022j:plain

海老。8名のカウンターですが、奥で2尾ずつ茹でて大将のもとへ。「これは今すぐ食べてください」とこれだけ言われました。大急ぎで写真撮って、5秒以内に口の中へ

f:id:mcy22:20170921214016j:plain

そもそも高級店のお寿司の海老は、美しいと美味しいのは間違いない。この見た目、芸術ですよね。白と赤のバランスとやわらかさが伝わります、もちろん「はぁ〜」となる美味しさ。海老好きではないですが、安いお寿司やさんと高級店と、海老が一番味の違いを感じます

帆立

f:id:mcy22:20170921215018j:plain

こはだ。私は無類のこはだ好きなのですが

f:id:mcy22:20170921215048j:plain

美しいし、美味しい

これは鰻

f:id:mcy22:20170921215059j:plain

炭火で焼いてます。かり、ふわ、絶妙な。ふんわり感は鱧に近いです。鰻屋さんの白焼きではこうはいかないです、こんな美味しい食べ方があったとは・・

これは・・何だったか

f:id:mcy22:20170921225429j:plain

かぼちゃのお漬物。新しいです、シャキシャキで美味しい

f:id:mcy22:20170921225413j:plain

大間のまぐろ

f:id:mcy22:20170921225451j:plain

太刀魚

f:id:mcy22:20170921225512j:plain

うなぎもそうだったけど、焼きが最高すぎる。今まで食べた太刀魚で間違いなくナンバーワン

f:id:mcy22:20170921225525j:plain

煮蛸

f:id:mcy22:20170921225515j:plain

 毛蟹

f:id:mcy22:20170921230130j:plain

美しい烏賊と、げそ

f:id:mcy22:20170921230156j:plain

日本酒追加。器も美しいのです。

f:id:mcy22:20170921230157j:plain

とろっと溶けるとても美味しいこれは・・何だったか・・

f:id:mcy22:20170921230710j:plain

「自家製のすじこです」という、いくら。ぷちん、と一口でため息が漏れました。食べてかみ切らないうちからおいしい、鼻から抜ける香り。これまた私史上、ナンバーワン。美味しい・・

f:id:mcy22:20170921230217j:plain

でこのあと、ごはん投入してもらいましたが、ごはん入れないほうが好き。

たいら貝の磯辺巻き

f:id:mcy22:20170921230826j:plain

たいら貝は高くなってきてるから帆立を使うお店も多いけど譲れない、とのことでした。帆立はバター焼きとかで、とのことです。私もたいら貝の凝縮感、好き。

f:id:mcy22:20170921230857j:plain

贅沢雲丹たっぷりコーティングされた、手巻き、美味しい鮪のせ

f:id:mcy22:20170921230913j:plain

雲丹、こんなんです。

f:id:mcy22:20170921230934j:plain

さて終盤、土瓶蒸し

f:id:mcy22:20170921231328j:plain

土瓶蒸しといえば松茸と鱧が定番ですが、金目鯛とのどぐろ。最初はお出汁を、そのあとすだちを絞って、具も食べて・・松茸の美味しいお出汁が最高ですね。のかわりに、松茸はもう何も味がしない正しい土瓶蒸し

最後、炙ったのどぐろとお茶漬で

f:id:mcy22:20170921231339j:plain

天ぷらやさんの、天茶みたい。のどぐろ、天茶風も美味しかったんですかあー

最後、のどぐろの握り

f:id:mcy22:20170921230936j:plain

シメは玉

f:id:mcy22:20170921230948j:plain

とっても美味しゅうございました。食べて飲んで2人4万円ほど。贅沢しました、ごちそうさま。

まぼろし

幻、といえばIKKOの「まぼろし〜!」ですが

f:id:mcy22:20170920224932j:plain

ワインのコルクに「幻」と刻印されている、これ。

カリフォルニアワインです。なぜ「maboroshi」と日本語なのか?日本人が作ってます。

あのラ・ターシュを飲んで30過ぎワインに開眼し、よい土壌を求めカリフォルニアに渡り、日本人が作る世界に通じるブランドのワインができた、そんなロマンチックなワインです。

ワインを造るなんてそんな夢か幻みたいな・・と言われ、それがワインの名前になっていて、いくつか種類作ってます。

メルローからはじめ、これはピノ。このレベッカKは、奥様の名前がつけられたワイン。

私は、日本大好きなのですが、たまーーに飲む日本酒も好きなのですが、日本のワインはあまり好きではなく、、(すいません)なぜだろう??美味しいと言われる甲州とかのワインでも、ワインを飲んでいる気が薄れるんですよね、日本のワイン。外国人が日本の空港に降り立った瞬間「味噌と醤油の匂いがする」というのと同じ感じで、ワイン飲もうと思っているのに日本酒飲んでる感じがダメなのです・・気分と慣れの問題かもしれませんが。

さて、日本人がカリフォルニアで作ったワインは

f:id:mcy22:20170920224947j:plain

ちゃんとピノ!というかアメリカのピノよりも、ブルゴーニュっぽい。ブルゴーニュのラ・ターシュで開眼したのがわかります、そして日本らしい。香りとかではなく、飲んだ瞬間ブルゴーニュと、なぜか「桜」を感じました。とってもやさしく繊細で丁寧、ちゃんと美味しいし、日本の人しか作れない味だと思います。そして日本ぽさが、日本産地のよりもなく。こう仕事に丁寧に向き合っていると、こうなるのかあ・・と感動。

フロンティアを感じるワインでした。

あわせたのは、焼肉

f:id:mcy22:20170920225007j:plain

レタスのサラダはアンチョビで

f:id:mcy22:20170920225025j:plain

舞茸ホイル焼き

f:id:mcy22:20170920225125j:plain

デザートのアップルパイとチーズ

f:id:mcy22:20170920225124j:plain

日本人は素晴らしいです。間違いない。

 

今日はこんな感じ 

f:id:mcy22:20170920225041j:plain

珍しいイタリアの薄切り豚が売ってました。生姜焼きにします。チューブじゃなくて、ちゃんと生を擦って。玉ねぎピーマン入り。日本の豚より油がぷりっとしてるような?でも、イベリコで有名なイタリアです(訂正・イベリコ豚はスペインでしたね)、豚が美味しくないわけがありません。味の濃い生姜焼きよりも、焼肉でシンプルに岩塩だけの、ほうが肉の味がしっかり感じられて良いです。

箸休め、油揚げをさっと煮たの。「うまいの早いの安いのー」とキン肉マンが流れます

f:id:mcy22:20170920225122j:plain

デザート、チーズとチョコオールドファッション

f:id:mcy22:20170920232219j:plain

今宵は白でした。

ではでは

 

 

シャーサーニュ・モンラッシェの赤

ちょっとご無沙汰してますー、今週はパソコン仕事が多くてブログ書くためのキーボード叩く余力がなかったです。ブログが息抜きにならないときは更新しません〜・・!

 

さて今週はちょっと贅沢週間で、わりといつもよりいいワイン飲んでます

モンラッシェ、といえば白ですが、赤。

f:id:mcy22:20170916113542j:plain

とっても美味しいー!!!2008年だから、ちょっと熟成されて、でもフレッシュな明るい爽やかさもありの、このくらいの熟成加減が好き。赤なのに白のような、白い小さなお花といろんなフルーツの味香り。梨にりんご、それとバナナチップ。また飲みたいなーこれ!

あわせたのは、焼肉

f:id:mcy22:20170916113620j:plain

野菜もたっぷり

f:id:mcy22:20170916113631j:plain

叙々苑ドレッシングのみのシンプルレタスサラダに、キムチ

f:id:mcy22:20170916113634j:plain

冷奴は、塩にオリーブオイル・薄口しょうゆちょっと。

実はモンラッシェは2本目で。最初の1本はこちらのマルゴー村の。ボルドーだけど重すぎず、まろやかでした。これもまた、求めてた味。だんだんボルドーが美味しい季節ですね。焼肉に良いです。

 

とかとか、ついでにこれはたしか今週日曜の食卓

f:id:mcy22:20170916115410j:plain

オーストラリアのランプ塊肉をカットし、ステーキで

f:id:mcy22:20170916115423j:plain

肉食べてるーっていう感じが良いです、ランプ。あとは肉味噌レタスとか、水茄子浅漬けに枝豆でした。

 

こちらは今週平日の朝ごはん

f:id:mcy22:20170916115428j:plain

平日朝ごはん作らないんですが、、夫だけ今週前半夏休み。私は珍しく仕事で、パス。こんな年もありますな。人生いろいろ。

 

では良い三連休をお過ごしください!たぶん連休中にまた溜まったごはんを更新

します(^^

GHマムのシャンパンとか、鮎の塩焼き・アジフライとか

ここ10日ほど食べたものであげそこねてた美味しいの、まとめて

 

まずは日本がめでたくワールドカップ出場を決めた日

夫が「奥さんと一緒に試合見ながら飲んでください」と貰ってきました。なんて気のきいたいい人なんでしょうか。笑

こういうのはその日のうちに飲んで翌日「美味しかったです」というのがマナーですね、というわけで、ありがたくいただきます。

f:id:mcy22:20170910163416j:plain

シャンパンのおかげもあって勝ちました♪井手口のあの芸術的なシュートは何度も見たいのに、あんまりテレビでやってくれません。待ち受けにしたいくらい芸術的です↓

f:id:mcy22:20170910164222p:plain

美しい・・マンガみたい。こんなキャプテン翼みたいな人がメッシ以外に、日本人にいるとは。

ちなみにGHマムのシャンパンは、F1の表彰式でシャンパンファイトに使われるシャンパンで、成功を祝うシャンパンとして定番のようです。本当に気がきいている方です、ありがとうございます。泡はしっかりめ、辛口だけどトースト、バニラ、ナシのようなさわやかな甘さもあります。

 

ごはんは、シャンパン待ってるとは知らずに作った、炊き込みごはん

f:id:mcy22:20170910162323j:plain

市販の炊き込みご飯の素。丹波産黒豆ときのこ(ひらたけ・まいたけ)の炊き込みごはん。京都です、美味しいです。

お米は「逢地ヒノヒカリ」、炊き込みご飯にあうものをとお米やさんに相談したら、こちらを勧められました。f:id:mcy22:20170910162112j:plain

1キロ購入、その場で精米してくれて、帰り道お米がぬくくて幸せです。サービスで海苔をいただきました

メインはミスジを塩で

f:id:mcy22:20170910165710j:plain

 

続いてこれはちょうど1週間前の週末、お魚ナイト

f:id:mcy22:20170910162523j:plain

鮎にアジがメイン、しじみのお味噌汁も

 

美味しそうなお魚も、お肉に負けじとテンションあがりますねー

f:id:mcy22:20170910162343j:plain

f:id:mcy22:20170910162437j:plain

左はアナゴ。アジとアナゴと椎茸はフライ。鮎は塩焼きに。

というお魚プレート

f:id:mcy22:20170910162436j:plain

鮎の塩焼きに、アジフライ。私そういえば幼少の頃から無類の鮎好きでした。美味しいです。

f:id:mcy22:20170910162447j:plain

レバー煮に、枝豆

f:id:mcy22:20170910170449j:plain

この日はワインまでお魚の形、イタリアの白。すっきりだけどチャーミングな、ごはんにぴったりワインでした

f:id:mcy22:20170910162519j:plain

美味しゅうございました〜

 

ではー♪

 

キムチ鍋

なんか今週は私にしては仕事も遊びもがんばりました。1週間くらい仕事も遊びにも行かず、ひたすらぼけーっと充電のときもあるんですけど。

「働き方改革っていうけど、もっと楽しく働けば自分も会社もいいよね」みたいなワークショップとかやってました。まあ、きれいごとではなく、どうやったらやる気が出るかみたいな

 

 

さて今日は今シーズン初、キムチ鍋

鍋にしようと思ったわけではないのですが、キムチも食べたかったわけでもないけど

f:id:mcy22:20170909224507j:plain

ちょっとだけ高級なキムチが半額だったもので。といっても、500円くらいです。うちはキムチ鍋のときは、キムチに桃屋のキムチをプラス、その他お野菜で白菜も、が多いです。キムチ鍋の素はあんまり買わなくなりました。

f:id:mcy22:20170909224806j:plain

白菜・にら・えのき・ねぎ・にんじん・油揚げ・お豆腐・豚

水茄子のお漬物

f:id:mcy22:20170909224527j:plain

京都の生麩に、朝ごはんの残りの出汁巻

f:id:mcy22:20170909224618j:plain

生麩は美味しいですー。

キムチ鍋は、お水に料理酒、キムチに桃屋、白だし・お塩にちょっとお味噌。コクが足りずに途中塩麹入れたらいい感じです。

f:id:mcy22:20170909224609j:plain

ワインは白1杯からの、チリのメルロー・カベルネ 

f:id:mcy22:20170909224623j:plain

しめは、白米で雑炊

あっさりした浅漬け風のキムチで、食べてる途中から、これはリゾット風にしてパルミジャーノトッピングが美味しそう、とワクワクしてました。

思ったとおり、すりおろしのパルミジャーノをトッピングしたらキムチ鍋とは思えない感じ。パルミジャーノは2ヶ月くらい前に買って半分くらい残ってましたが、長持ちするのがいいですね

f:id:mcy22:20170909224636j:plain

味変的に、途中パルミジャーノ加えて、またノーマルな味に戻し・・とたくさん食べました。このキムチは、このリゾット風シメを食べるためにあるな・・・シメの前には感じなかった、にんにくが一気にシメで押し寄せてくる感じで、でもそれも韓国だけどちゃんとイタリアというか。

この季節のこの気分、しかもワイン気分に良いごはんでした。でもにんにく、食べ終わった30分後の今になって相当くさい、あっさりキムチなのに。キムチ鍋って金・土の食べ物だったんですな・・

キムチまだ1/3くらい残ってるから、来週副菜でキムチチゲスープでもします。

 

ではでは

イカと夏野菜のケチャップ炒め

 昨日1日立ち仕事で、背中バキバキです。

気分転換にブログ更新しよう・・笑

 

もう秋ですが、ちょっと前に作っておいしかったごはん

f:id:mcy22:20170828104149j:plain<イカと夏野菜のケチャップ炒め>

・イカ1杯

・青梗菜1把

・オクラ4つ

・しいたけ4つ

・生姜千切り少々

・あわせ調味料(醤油大1、砂糖小1、ケチャップ大1弱、創味シャンタン小1/2)

 

イカは切れ目を入れ、適当な大きさにカット。オリーブオイルで生姜を炒め、いか、野菜を投入。水溶き片栗粉でといたあわせ調味料でいためあわせ、最後ごま油まわしかけて出来上がり。

ケチャップがいいです!酢豚的なしつこさもなく、とっても美味しい。

 

他は、枝豆

f:id:mcy22:20170828104224j:plain

トマトと青梗菜の中華風スープ

f:id:mcy22:20170828104229j:plain

メインはケチャップ炒めに、もやしのナムル、アボカド、ステーキはガーリックにお醤油で。

f:id:mcy22:20170828104253j:plain

おいしゅうございました〜❤︎

f:id:mcy22:20170828104256j:plain

しいたけは、使いきれなかったのをカットして冷凍しといたのを使いました。しいたけ冷凍ってどうなん?と思ったけど、いける!逆に干し椎茸的な凝縮感も出るような。コツは、解凍せずに凍ったまま調理することらしいです。

お試しあれ〜

 

ではでは

焼肉、久しぶり。

私としたことが、デトックスごはんを続けはや3週間、焼肉してませんでした。本来は週1〜2ペースなので、本当に久しぶり感があります。

冷凍庫の一番いいお肉をチンしまして

f:id:mcy22:20170831140315j:plain

冷凍焼けしてますが、左下の角切り、イチボです。高いやつです。その上もわりといい黒毛和牛、右はラム。おくらちゃんの隣はイタリアのゼブラ茄子。日本のより皮がかためで、日本のが好きなんですが、見た目がかわいいから買っちゃいました。

f:id:mcy22:20170831140316j:plain

赤をぐびっと、2本。

イチボはわさび醤油で。他はお塩や焼肉のタレ、岩塩で

f:id:mcy22:20170831140317j:plain

あとは山芋短冊

f:id:mcy22:20170831140318j:plain

レタスはシンプルに叙々苑ドレッシングのみ。

 

久々がっつりで、いい感じです。

では〜