読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉食mcyの食いしん坊日記

日々のごはんを中心に気がむいたら書いていきます。

カレラ・MILLS

2日ともずっと雨の土日、珍しいですね。桜ももう終わりかなあー。

こんな日は家でまったりコーヒー飲みながら溜まったブログをUPするに限りますね。私の好きな言葉の一つ「晴耕雨読」、基本その日の天気と気分次第で行動します。子供の頃からなんで雨の日に遠足山登り決行するのかわかりませんでした。わりと従順な子供だったので、反抗しませんでしたけどね。それどころか皆勤賞だったりしましたが。今こんな晴耕雨読だったり弾丸旅を好むのは子供の頃の反動なのかもです。

 

さて先月飲んだいいワイン

■CALERAカレラのMILLSミルズ

CALERAカレラはアメリカのピノの代表格、昔から好きでお祝い気分のときによく飲むのですが、普通のカレラは1本3000円強。

こんなに飲んでるのにいつまでたってもカレラと一発変換してくれず「彼ら」になります、カレラあるある・・

 

さて特別なカレラはいくつか種類があって、今年に入ってから、この特別シリーズ飲んでます。特別なの種類少ないし、すぐ制覇できそう。

 

MILLSミルズ飲む数日前にREEDリードを飲んでました⬇︎

 

REEDは「アメリカのリシュブールや」だったのに対し、MILLSはグラン・エシェゾーに例えられていますが、どうでしょう?

f:id:mcy22:20170409143506j:plain

うん、エシェゾーと言われるの、すごくわかります。REED同様、普通のピノに比べて加糖感、ないです。そしてエシェゾーというかジュヴレ・シャンベルタンというか、土っぽいテロワールと、少しだけ獣な野生の感じと、草感。リシュブールやREEDはぱあっと明るくお花畑なのに対して、こちらは静かに美味しさがじわじわ。

REEDは1杯目と最後が最高だったけど、こちらのMILLSはだんだん美味しくなる感じ、こっちのほうがブルゴーニュに近いと思う、言われず飲んだらアメリカのピノとはわからないです。でもちゃんと、アメリカのピノっぽい明るさはあります。

でも私はヴォーヌロマネのような明るいお花畑が好きなので、比べるとREEDのほうが好き。

ああ、ワインの記事書いてると美味しいの飲みたくてたまらないです。

 

さてMILLSにあわせるのは

f:id:mcy22:20170409143523j:plain

豚トロは塩で、ラムは玉ねぎおろしとお醤油のソースで。フレッシュ春菊のサラダは、繊細な高いピノには犯罪なくらいあいません、一口食べて、翌日のおかず行き決定です。春菊サラダは、スペインの赤とかですね。ラムはあいます。レアのラムチョップとか、アメリカの赤身牛、これまたレアで、とか相性いいと思います。

 

さて今我が家には1本300円から、高いのは30万くらいのワインが常に100本くらいありますが、セラーを確認したら、カレラ(普通の)が1本だけありました。

f:id:mcy22:20170409151725j:plain

カレラと、これまたアメリカのピノの代表格・オーボンクリマは家に1本ずつあると背安心です。 

 

 

よければこちらも

 

旅のブログもやってます⬇︎