読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉食mcyの食いしん坊日記

日々のごはんを中心に気がむいたら書いていきます。

夫作・和牛の塩釜焼き

週末の金曜、私は19時開始のセミナーに出かけ、帰りが遅くなるよーと伝えてました。思ったより遅くなり23時頃帰宅。

家に帰るとオーブンにこんなものが!

f:id:mcy22:20161022115932j:plain

我が家は料理は私担当、夫は気がむいたときに予告なしで年に1回くらいしか作りません。でも彼は舌がこえているので作るときは手のこんだ料理、味もプロよりおいしく作れます。

もっと作ってくれればいいのに年1回くらいしか作るモードにならないらしく、普段はお湯ひとつわかさないしレンジでチンがせいいっぱいです。

やればできるのに完全に結婚したときの最初の育て方を間違えました私。

というレアな日、塩釜焼きは家で作るのははじめてですが(私も作ったことない)スーパーで和牛のローストビーフ用塊肉を見た瞬間「そうだ塩釜焼き作ろう」と思いついたそうです。

f:id:mcy22:20161022120733j:plain

和牛にはやっぱり赤ワイン、今日はイタリアのプリミティーボです。

塩釜焼きと鰤のお刺身、パイナップル。パイナポーみると無意識に頭の中で「ペンパイナッポーアッポーペーン」が鳴り出しますね・・

f:id:mcy22:20161022121932j:plain

鰤のお刺身

f:id:mcy22:20161022122015j:plain

ペンパイナッポーw

f:id:mcy22:20161022122213j:plain

さて塩釜焼きですが割るとこんな感じ。割るのも男性の仕事かなと思って彼にお願いしました。楽しかったそうです。

お肉400グラムくらいに潰したにんにく1かけを適当にまぶしその上からローズマリー2・3本、その上にあらかじめ混ぜておいた粗塩卵白でコーティングし、210度のオーブンで18分程度、だそうです

f:id:mcy22:20161022122516j:plain

お塩はこれ、瀬戸内の粗塩。750グラム入り。今回は約1/3使用、卵白1こ分使ってボウルでまぜまぜしたそうです。まぜまぜするとメレンゲみたくなり、それもまた面白かったみたいです。

f:id:mcy22:20161022122726j:plain

カットするとこんな感じ、ちょっと火を入れすぎでチョコケーキみたいになってますが・・

私の帰りが思ったより遅く、18分オーブンで焼いて、そのあと冷めてしまったので再度温めなおしで3分オーブンしてくれたらしいのですが。この感じだと15分オーブンであとは余熱くらいがいいのかな?

ただ見た目よりもパサついてなくむしろジューシー、非常においしゅうございました。塩釜焼きすごいっす。何料理なんだか知らないけど考えた人天才ですね。一口噛むとジューシーでじわじわお肉とお塩の滋養が感じられ幸せな味。ローズマリーもあるとなしでは大違いと思います。もちろん赤ワインが進む進む。

「1年に1度の貴重な料理だからね」と言われましたが「火が通りすぎて不本意でしょうから今日はカウントしません」と近日中にリベンジをお願いしました(^ ^

塩釜焼き、とっても手がこんでそうに見えるのにそうでもなさそうだしすごく美味しい、私は次は豚で作ってみようと思います!

***

旅のブログもやってます⬇︎