読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉食mcyの食いしん坊日記

日々のごはんを中心に気がむいたら書いていきます。

サルティンボッカ・リベンジ(牛)

きのうの晩ごはん。前日鶏の邪道サルティンボッカを作ってしまったで、正統派の牛で2日連続サルティンボッカです。 

f:id:mcy22:20160628224213j:plain

冷凍ストックのステーキ用アメリカ牛・400グラム強を2つにカット。さらに薄く半分以下の厚さにのばします。うちは肉たたきなんてものはない。普通の家庭あるんですかねー?

うちは毎日ワインを飲んでててワインなんて家に100本あるので、ワインの瓶でがしがし叩く肉たたき、お肉の上にラップを敷いて、ワインの瓶の底でがんがん叩いてそのあと側面でのばします。肉たたきよりきっと時短になると思いますよ・・

ちなみに冷凍のパイシートを伸ばすときも、綿棒の代わりにはやりパイシートにラップのせて、ワインの瓶の側面でのばします。

 

薄くした牛肉に片面だけ生ハムのせて(今回はイタリアのでなく、日本の朝食サラダ用の生ハムでパンチが少ない優しいやつ。なので多めに入れないとただの肉のソテーになります。というわけで多めにのせます)生ハムの面だけ小麦粉ふります。

f:id:mcy22:20160628224226j:plain

フライパンにオリーブオイルとバター、お肉投入、生ハムの面から焼いていきます。

両面焼いて固形のチキンブイヨン半分と白ワイン50CCくらい入れて、フランベ。

ソースを少し残して、お肉取り出して煮詰める感じで仕上げます。

f:id:mcy22:20160628224253j:plain

ザ・正統派サルティンボッカ!見た目に美しい、そして美味しい。はふー、やっぱりサルティンボッカは牛ですなあ。イタリア行った気分になるなる。ワインがすすむー。

生ハムにソースでしょっぱいけど、おいしー。この塩分がサルティンボッカ、いやあ、美味しいですな。でも今度はやっぱりイタリアの生ハムで作ろう、90点。

f:id:mcy22:20160628224307j:plain

つけあわせはトマトとグリルのズッキーニ、エリンギ、玉ねぎf:id:mcy22:20160628224300j:plain

奥にあるのは阿波尾鶏の皮・塩焼き。今日の食卓でこれだけ異質・・イタリアンの食卓に焼き鳥屋が混ざりました。

f:id:mcy22:20160628224308j:plain

食後はバゲット、フライパンで焼いたもの。同じフライパンで冷凍パイシートのかけらをプレーンで焼いてみました。うん、デニッシュみたいで美味しい。

それとおかわりトマト、パイン。

 

<今日のごはん>

・牛のサルティンボッカ

・野菜のグリル、ズッキーニとエリンギ玉ねぎ、トマト

・鶏の皮塩焼き

・バゲットチーズのせ、プレーンパイ

・スペイン・カベルネ&スペイン・ソーヴィニヨンブラン

 

***

旅のブログもやってます⬇︎

mcy2222.hatenadiary.jp