読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉食mcyの食いしん坊日記

日々のごはんを中心に気がむいたら書いていきます。

ジュヴレ・シャンベルタン

昨日の夜は久しぶりにセラーで眠っていたワインを飲みました。

先週おめでたいことがあったので、ブルゴーニュのワインでお祝いです♪

 

ドメーヌ・ジェラール・セガンのジュヴレ・シャンベルタン、レ・クラ2013。

f:id:mcy22:20160612123023j:plain

王者の風格のボトル

 

ワインにはまってかれこれ15年、最初はボルドー、それからブルゴーニュを覚え、ワインから抜け出せなくなったおそろしい土地、ブルゴーニュ。

ワイン好き、そういう人多いと思います。

ブルゴーニュ好きは「この造り手が」「この特級畑は」「テロワールが」とか薀蓄っぽくなりがちなのも特徴、私は美味しければなんでもいいです。笑

 

毎日飲むようになってからはお手頃なアメリカやイタリア、スペイン、コート・デュ・ローヌ中心になり、それから泡と白も飲むようになりましたが

やっぱりブルゴーニュは特別。何かおめでたいことがあると、飲みたくなります。

 

ブルゴーニュでいちばん好きなのはヴォーヌ・ロマネ、これはもうぱあっと明るい華やかな、お花畑みたいな感じ。

明るく華やかなワインはイタリアやアメリカにも多いけど、ヴォーヌロマネみたいに飲んだ瞬間白や紫や緑、ピンクの小さい花が頭に浮かぶワインはほかにはないです。

あと少女な感じがちょっと残っているみずみずしいワイン、私の中のイメージはマリー・アントワネット

その次に好きなのが、ジュヴレ・シャンベルタンかモレ・サン・ドニ

ジュヴレ・シャンベルタンは土感があって獣、でも華やかでみずみずしい、力強い、豪傑な男性のイメージ。

ナポレオンは遠征の時もシャンベルタンを持って行き、これ以外口にしなかったという話ですが、確かにナポレオンのイメージにぴったり。

モレ・サン・ドニはヴォーヌ・ロマネとジュヴレ・シャンベルタンの間のイメージ、華やかだけど土も感じます。

f:id:mcy22:20160612123033j:plain

1口目からおいしい、でも半分以上飲んだ、抜栓後30分経ってからのほうが、

ワインが開いてきて、おいしいです。

このワインは平均的なジュヴレ・シャンベルタンよりちょっと獣感が薄い気がしました。

・・やっぱりブルゴーニュってどうして薀蓄ぽくなってしまうんでしょうか?笑

 

f:id:mcy22:20160612125013j:plain

ジュヴレ・シャンベルタンにはこんなアジアなごはん、合わないんだけど・・

普段滅多に作らないタイ料理が食べたくなり、作ってしまってから

「いいワイン開けよう、お祝いだからブルゴーニュかね?」となったのです。

f:id:mcy22:20160612125329j:plain

パッタイ、エビなし。梅山豚に厚揚げ、ニラ、もやし、卵。

ワインとの相性よくないですねえ、こういうのはやっぱりビールですね。

f:id:mcy22:20160612125338j:plain

オクラの豚肉巻き、水菜のサラダ

豚肉、もう少し薄切りのを使えばよかったです。オクラと豚の素材はいいのに、なんだか雑に。味はおいしい。

グリーンカレーも作りましたが、あまりにもワインにあわずもったいないので、冷凍庫行きです。

f:id:mcy22:20160612125341j:plain

食事はそこそこに、ワインにあうチーズで残りのワインを楽しみました。

それとトマトとバジル、お好みでカプレーゼ風にいただきます。

デンマークのブルーに、イタリアのウォッシュ。

f:id:mcy22:20160608124458j:plain

以前もブログで紹介した、これ。

イタリアのタレッジョ、開封して1週間、初日はさっぱり濃厚といった感じでしたが、

クリーミーでいい臭さになってきました。ジュヴレ・シャンベルタンともあいます。

 

<今日のごはん>

パッタイ

・おくらの豚肉巻き

・ジュヴレ・シャンベルタン

・トマトとバジル、カプレーゼ風

・チーズ(イタリアウォッシュ、デンマーク青かび)

 

やっぱり美味しいジュヴレ・シャンベルタンでした。

 

***

旅のブログもやってます⬇︎

mcy2222.hatenadiary.jp